自律神経

「自律神経」とは、私たちの生命活動維持に必要な心臓の動きや呼吸、
血液循環、消化吸収活動など、
すべての機能をコントロールしている神経のことを言います。

自律という字の通り、私たちの意識に関係なく、自然に働いています。

この自律神経には、交感神経と副交感神経という、
対照的な働きをしている2種類の神経があります。

交感神経は、心身を活動させるための神経で、おもに日中働きます。

一方、副交感神経は、昼間の緊張を緩め、心身を休息させるための神経で、
リラックスしたり、夜眠っているときに働いています。

昼間に活動し、夜は眠るという生活リズムが健康の基本と言われるのも、
自律神経のリズムに従って暮らそうという意味です。

交感神経と副交感神経がバランスをとりながら働き、
またそのスイッチが自然に切り替わることで、
活動して疲れた筋肉も内臓も脳も休息でき、
機能が修復されるからこそ、私たちの健康は保たれているのです。

しかし、不規則な食生活などで、自律神経の作用は乱れつつあります。

特に、寝る前についつい食べてしまう行為などは、
本来日中に活動するはずの消化活動が寝ている間に行われ、
十分な休息を得られないなどあまり良くありません。

精力剤の専門家勃起障害(ED)